クラス紹介

tomatoぷちとまと組  tomatoとまと組  ninjinにんじん組 tamanegiたまねぎ組  kinoko きのこ組 kogyagaこじゃが組 oogyagaおおじゃが組 gum01 cl08009かぼちゃ組

2020年7~9月期の姿

ぷちとまと組(5ヵ月~0歳11ヵ月)

IMG 5353 ~持てるかな~

  

 初めて見るスイカに「これはなんだろう?」と不思議そうな子どもたち。

叩くとペチペチと鳴る音や転がるスイカに興味津々。

「うんとこしょ。どっこいしょ。」大きなスイカを持ち上げようと挑戦する子もいました。 

来年の夏には持てるようになるかな?   

~夏まつり会~ IMG 5565

 

 お兄ちゃんやお姉ちゃん主催の夏まつり会に遊びに出かけた子ども達。

阿波おどりや屋台に夢中になって楽しんでいました。

慣れないクラスでも、手作りの屋台に目をキラキラと輝かせ、異年齢児との交流を楽しんでいました。 

 

IMG 6368 ~さんぽ~

 

  散歩に出掛けるのが大好きな子ども達。

まだ少し暑い日も涼しい木陰で、這い這いや歩いて探索活動に大忙し。

いっぱい探索した後はお茶を飲んでちょっぴりひとやすみ。

休憩と活動を繰り返し元気に楽しんでいました。 

 

2020年7~9月期の姿

とまと組(0歳11ヵ月~1歳2ヵ月)

CIMG9867 ~さんぽ~

 天気の良い日には色々な所へ散歩に出かけています。

 散歩先で出会う生き物や乗り物に興味津々!。

間近で見る消防車や救急車に「ぶーぶー!」「ぴーぽー!」と指差ししながら大喜びの子どもたちです。  

 

 

 

~プール~ CIMG9648

  

 夏ならではのプール遊びを楽しみました。

初めは不安がっていた子も、少しずつ水に慣れていき、じょうろで水を流したり、友だちと水をかけ笑いあったりと冷たい水の気持ちよさを味わいながら、水しぶきをあげて楽しんでいました。

 

 

 

CIMG9977 ~ミニ遠足~

 

 始めてのミニ遠足。

峯薬師寺まで散歩に出かけ、遊んで帰ってきた後に、保育園で手作りのお弁当を食べました。

美味しそうなおかずに目を輝かせ、嬉しそうに口いっぱいに頬張っていました。 

 

2020年7~9月期の姿

にんじん組(1歳3ヵ月~1歳10ヵ月)

CIMG9169 ~さくらさくらんぼリズム~

 

 毎日楽しんでいるさくらさくらんぼリズム。 

最近では、ピアノの音を聞き分けて『こうま』や『うさぎ』になって体を動かしている子どもたちです。 

好きな『こうま』では「ハイシ ハイシ」と言いながら笑顔で手足を動かして楽しんでいます。 

 

~プール遊び~ CIMG9489

  

 楽しみにしていたプール遊び。

水着に着替えると、「キャー」っとはしゃぎだす子どもたち。

水の中では、しこを踏み水しぶきに歓声をあげたり、ワニ歩きで水の中を動きまわるなど、夏の遊びを満喫しました。 

 

CIMG9816 ~芋掘り~

 

 お兄さんやお姉さんが、芋掘りで引き抜いてくれたつるや大きな芋に触れ大喜びの子どもたち。

長いつるを引っ張って歩く子や顔よりも大きな芋を嬉しそうに抱っこする子など、秋の収穫を楽しんでいました。

 

 

 

2020年7月~9月期の姿

たまねぎ組(1歳10ヵ月~2歳2ヵ月)

P1120608

~虫の観察

 

 散歩先で、捕まえたバッタやカタツムリを「やりたい」「ちょうだい」「バッタさんのごはんもいれとく」と自分たちで虫かごへ入れて持って帰ってきました。

帰ってくると「〇〇くんがつかまえてくれた!」「バッタさんおーい」「わーすごーい!」と虫かごをのぞき大興奮。

虫かごを優しく扱おうとする子どもたちでした。 

 

 

 

~プール遊び

P1120793

 

 ペットボトルのキャップで作った金魚をプールに浮かべて金魚すくいをして遊びました。

ポイや両手を使ってすくい、「みて、いっぱーい!!」と喜んでいました。 

また、ペットボトルをお皿に見立てて「びんびごはん」と料理を作ったり、水に浮かんだ手作り金魚と一緒に泳いだりして楽しんでいました。 

 

CIMG9579 ~フィンガーペイント遊び~

 

 室内のコーナーあそびに使うダンボールパーテーションにフィンガーペイントで模様を付けました。

それぞれ「あか」「あおがいい」「ピンクすき~」と自分で色を選び、思いのまま手のひらや指を使って絵の具の感触を楽しんでいました。

 

また、自分たちで作ったことで「だいじ」「これしたね~」と友だちと話し、物を大切にしようとする姿も見られました。

2020年7月~9月期の姿

きのこ組(2歳3ヵ月~3歳2ヵ月)

DSCN0163

~七夕

 

 七夕のシアターを見て、彦星と織姫の話を聞いてから、部屋に隠されたお星さま探しやオーガンジーの天の川で遊んで楽しみました。

全身で絵の具の感触を楽しみ、みんなでぐちゃぐちゃになり描いた天の川の前でパチリ!

楽しい七夕の日になりました。 

~水に慣れ親しんだ夏

DSCN0929

 

 水が大好きなきのこ組。

去年より大きなプールに大喜びで、ワニ、魚、かにになって楽しみました。

ペットボトルビートバンを使って友だちと一緒に遊んだり、バタ足を楽しんだりして、水にたっぷり慣れ親しんだ子どもたちです。 

 

DSCN0872 ~とんぼになって~

 

 少し涼しくなって園庭にトンボが見えるようになりました。

トンボの本を見たり歌を歌ったりと、トンボに興味津々の子どもたち。 

トンボのメガネを作って園庭でトンボになって思いっきり走って楽しみました。 

 

2020年7~9月期の姿

こじゃが組(3歳5ヵ月~4歳2ヵ月)

CIMG9615 ~大好きプール~

 

 わにおよぎをしたり、かおつけをしたりして、楽しく泳ぐ姿がありました。

最初は水しぶきがかかると顔をしかめていた子も、“友だちといっしょ”だからこそ楽しく取り組んでいました。

 

  

 

~夏祭りしたい!~ CIMG9621

 

 「なつまつりしたい!」という子どもたちの発案で、年長児の友だちを招き夏祭りごっこを楽しみました。

かき氷にたこ焼き、お面にヨーヨー釣りと子どもたちから次々としたい事があがりました。 

子どもたちが試行錯誤して作った商品が並びました。

 

 

CIMG9648

~いっしょに行こう~

 

 春、年長児の友だちに連れて行ってもらった西部公園。

今回のミニ遠足ではクラスの友だちたちと登りました。

山道では、友だちの手を引きリードする子、ペースを合わせて待ってくれる子、それぞれに優しい関りが見られました。 

 

 

2020年4~6月期の姿

おおじゃが組(4歳0ヵ月~4歳11ヵ月)

IMG 0051 ~田植え~

  

  子ども達がバケツに水をくみ、田んぼに水を溜め、裸足で代掻きしました。

始めは、泥の感触に顔をしかめる子もいました。

ゆっくりゆっくり感触を確かめ「ぬめぬめする~。」と言いながら稲を植えていました。 

力加減が難しく、友だちにアドバイスや助けを求める姿も。全身泥だらけになり、「もっとしたい。」「田植え楽しい。」と笑顔で話している姿は、意欲的で達成感を感じている様子でした。 

~タケノコの皮むき~ IMG 0252

  タケノコに触れながら、子ども達はタケノコに興味津々。

「根元にある茶色いぶつぶつは何だろう?」など、皮をむきながら口々に不思議に思ったことを友だちや保育者に伝えようとしていました。

皮をむくのに夢中で、むき終わるころには皮に囲まれた子ども達。 

皮を集め、重ねて「アイスクリームのコーンみたい。」「タケノコタワーの完成。」と遊んでいました。 

IMG 0406 ~泡で何ができるかな~

 シャボン玉液に絵の具を混ぜ、ぶくぶくとストローで吹いてみると、みるみるうちにカラフルな泡が完成。

「ジュースができたよ。」「かき氷みたい。」と想像を膨らませていました。 

指先で泡をつつき、ぱちぱちと泡がはじけている様子を見て、どうしたら泡がたくさんできるか吹き方を変えている子ども達。子どもなりに発見を見つけ遊び方を考え工夫しているようでした。

  

 

2020年4~6月期の姿

かぼちゃ組(5歳0ヵ月~5歳11ヵ月)

DSCN0150

~吹き絵~

 

 こいのぼりの柄を吹き絵で作りました。

始めは「ぜんぜんできん!」「つばがでそうになるー」と、思うように絵の具が伸びていませんでしたが、いろいろな方向から吹いたり、力加減をしたりし「できた!きれい!」「はなびみたい!」などとすぐにコツを掴んで楽しんでいました。

 

 

 

 

~畑作り~

 

DSCN9563

 子どもたち同士で相談し、交代しながら鍬で土を耕し、マルチを被せたり杭で止めたりしました。

友だちが多いとマルチが絡んだり逆に難しかったりしますが、『友だちのしたい気持ち』『自分のしたい気持ち』両方を大事にし、みんなで仲良く畑作りをしました。

 

  

 

DSCN9750 ~夏の宝物~

  

 友だちが家からビーチグラスを持って来てくれました。

キラキラ光るガラスに子どもたちは釘付け。

虫眼鏡で見たり天秤に乗せたり本と比べたりしていました。

「どこから海に来たんだろ?」の問いかけに、「瓶が波に削られた」「誰かが瓶を捨てた」「ゴミでウミガメが死んだ」「環境汚染って言う」など、子どもたちが知ってることを言い合い、自然を守る話へとつながっていきました。