自分で考え行動する子

③「自分で考え行動する子」にするために

【基本的生活習慣の自立】(クリック)
食事・排泄・睡眠・着脱・清潔等の自立を促すことによって,生活力を培います。
何事もよく見,よく聞き,自分で考えたことが人にも伝えられるようにしていきます。

【基本的生活習慣の自立】~③「自分で考え行動する子」にするために~

P1110583

たまねぎ組(1歳後半児)

☆食事

 食事をしながら友だちや保育者との会話を楽しみ、食を通して食材への興味・関心を深めるとともに、 食べることが心と体の栄養となるように育んでいきます。

hamigaki 

おおじゃが組(3歳後半児) 

☆清潔

 身体を清潔に保ち健康に過ごせるよう、汚れた手や足を洗ったり、食前後の手洗い・うがい・歯磨きなどの習慣が身につくように促しています。

CIMG8362  にんじん組(1歳児)

☆排泄

 保育園では、布オムツを使用しています。布にすることで、子ども自身が濡れた感覚や気持ち悪さを感じ、 訴えてくることで、大人とのコミュニケーションを図り、快・不快の感覚を育てます。 また、年齢に応じたトイレトレーニングを進めています。

Chakudatu

たまねぎ組

(1歳後半児)

☆着脱

 自分でしようとする気持ちを尊重しながら、自分でできたことの喜びを味わえるようにしています。

suimin

☆睡眠準備の様子☆ こじゃが組(2歳後半児)

☆睡眠(昼寝)

 安心して休息できる静かな環境の下で、心身の疲れを癒すことができるようにしています。
 また、一日の生活の流れを見通し、静と動の活動のバランスを図るようにしています。 0.1歳児では、仰向けで寝るようにしたり、睡眠時の顔色や呼吸を観察したりして、SIDSの予防に努めています。